« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の記事

2008年5月24日 (土)

本・ブック・書籍

  クリーニング屋のおばちゃんと

 仕上がりの時間を早めてもらうために押し問答(!?)をして、

 どうにか希望の時間内にしてもらったdraドラです♪

 毎回はそんなことしませんよ。

 明日の午前中に、実家にスーツとか送らないといけないので、

 どうしても急ぎで仕上げてもらわないといけなかったのです。

 まぁ、早く出せって話ですけど(笑)

   

   

 さてさて、今日は午前中に授業受けて、

 午後から買い物に行ってきました。

 来週から実習なので、

 実習に必要そうなものをまとめて買い出しに行ったんです。

 で、文房具屋さんから出てきて、

 ついつい隣の本屋に入っていきました(^皿^)

 いや、ちゃんと指導案作るのに役立ちそうな本を

 ちらっと見ましたよ。

 2つぐらい教科書ガイドみたいなの見て、

 あーー、ココを捉えさせたいわけねぇって感じで。

       

 で、もちろん本屋に来たからには、

 一通り、文庫本、新書、ハードカバーの

 新刊やら、ランキングやらチェックしなきゃなりません!

 いや、義務は全くないけど、自然とやってしまうわけでして(^^);

  

 最近は、「B型 自分の説明書」「A型 自分の説明書」

 ってのが流行ってるんですよね。

 私AB型なのですが、AB型の説明書ももうすぐ出るみたいです。

 ちょっとコメントを見たら、

 さっそくあてはまってしまいましたね(笑)

 ・つかみどころがない(と言われる)

 ・物をどこに置いたかすぐ忘れる

 こういうのって、言われたから思いこむってのもあるようですが、

 やっぱり気になって読んでしまいます。

  

 まだ「夢をかなえるゾウ」は平積みしてましたねぇ。

   

 結構、小説中心に見るんですが、

 今日はちょっと新書が気になって立ち読みしました。

     

    

 そんなこんなで、ブラブラした収穫が3冊。

 貧乏な大学生にしては、思い切った買い物。

   

 1、

黒い福音 (新潮文庫) Book 黒い福音 (新潮文庫)

著者:松本 清張
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 一応、卒論の研究テーマなんで、

 たまには読もうかなということで1冊。

 現実に起こった殺人事件に疑問を抱いた著者が、

 調査して小説に仕上げた作品。

 清張作品では実際の話がテーマになるのはよくあることです。

      

    

2、

頭がいい人の敬語の使い方―仕事がデキる人間が使う究極の話術

頭がいい人の敬語の使い方

 ―仕事がデキる人間が使う究極の話術

著者:本郷 陽二
販売元:日本文芸社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 こういうシリーズは立ち読みで終わらせることが多いんですが、

 覚えられそうになかったのと、

 ちょこちょこ思い出した時に読みたいと思ったので、

 買ってみました。 

 他にも、「人は話し方で9割変わる」とか、

 「頭がいい人、悪い人の話し方」 など、

 話し方関係中心に立ち読みしました。 

 大人になりたい意識ってやつですかね(笑)

      

   

 3、 

沈底魚 沈底魚

著者:曽根 圭介
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 やっぱり買ってしまった・・・

 この前1回、買うのを我慢したんですが、

 最近また警察小説熱が高まってきているもので。

 公安ミステリーです。

 まさに、私のツボのジャンルですね♪

 実習の合間に読もうとたくらんで、

 早速、実家に送る宅急便にいれました。

      

  

 さぁ、明日は小学校の運動会準備に行ってきます。

 去年は、仕事が探しても探しても少なくて、

 1時間は石拾いしてたなぁ(笑)

 今年は、昼からでいいよ~って言ってくれました。

 そんなこんなで、

 来週から実習という気があんまりしていないdraドラでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

気づかないうちに。

 昨日は久々に、休日に学校に行ってきました!

 レポート書くのに、資料を探しに図書館に行って、

 部室でPCカタカタいわせて、

 若干の妥協をしつつ、どうにか7枚ほどできました(^O^)

 理科のレポートは、実験内容書いたり、図かいたりで、

 枚数が増える~。

 国語で7枚書くレポートって言ったら、かなり面倒なのに・・・。

     

   

 で、

 どうにか終わりがみえて、気分よく帰っていると・・・

 足が痛い。

 何か、石がくつに入っているのか、

 とげか何かささっているのか、

 足の裏の一箇所がチクチクする(>_<)

 帰り道なので、

 サンダルぬぐのも微妙なので、

 ちょっと立ち止まって足の裏を触って、はらってみる。

 よくなったかな?

   

   

  うーん。

 やっぱり、なおらない。

 仕方ないので、痛い方に重心がかからないように気をつけて、

 家路を急いで急いで、

   

 もうちょっとで家に着くとほっとした瞬間。

 足の裏に、何か嫌な感覚が。

    

   

    

    

    

   

 液体・・・

   

 

 ま・さ・か、血ですか!?

 恐る恐るみると、白いサンダルが真っ赤に染まり、

   

  

 というまではなかったけれど(笑)、

 一部分が血で赤くなっていました(T_T)

 そんな。

 とにかく家に帰ろう!!!!

      

 慌てて家に戻り、

 サンダルをぬいで、

 足の裏を見てみると、意外に痛そうな傷(>_<)

 詳しく書くのは自粛しますが、

 傷って見ると痛いんですよねぇ。

 じみーに痛みが強まってくる気分。

 

 ただ、とげらしきものはささってない。

 まぁ、

 ひとまずサンダル洗っておこう。

 赤い血が残ってたら嫌だもんね。

 意外に落ちにくいなぁ。

 いたっっ!!!!!!!

   

   

   

   

   

   

 なんと、

 とげではなく、靴から針金らしきものが出ていたのでした(*_*)

 歩くたびに足の裏が痛いなか、

 所用の為、またまた実家に戻ってきたdraドラでした。

 明日にはまた帰るけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

首が・・・。

 痛い。

 くしゃみしても痛い。下を向いても痛い。

 首が筋肉痛になったみたいです・・・。

   

  

 昨日は、

 大学に通ってる同じ県民が集まって県人会がありました!

 一応、新歓ってことで、

 何人ぐらい1年生いるのかなぁと思って行くと、 

 うん??? 

 知らない顔がたくさんある!!

 というより、

 知っている顔が・・・・

   

    

   

     

 あったけど、少なすぎる(>_<)

 恐る恐る席について隣の子に、

 「何年生?1年生?」

 と聞いてみると、

 「はい。」

 まぁ、そうですよねぇ。

 私の座ってるテーブルに知っている人がいなかったので、

 「みんな何年生?」

 と聞いてみたところ・・

   

      

   

   

   

    

 「全員、1年生です。」

  全員!???

  しかも、1年生同士知り合いの子も多いようで、

  4年なのに、まさかのアウェイ(T_T)  

   

 基本的に飲み会の時は、

 気をきかせない方。(分かってるなら、気を使えって話ですよね。)

 移動してきてくれる人と話すタイプで、

 お開きまで最初の席にいるわけです。

   

 だけど、

 今回はもう限界でした。

 いろいろ1年生に質問して話してみるも、

 1年生同士で会話が始まり入っていけないdraドラ。

 というわけで、

 挨拶がてらあちこちの席に移動して、

 最終的に4年生のところに非難することになりましたとさ(笑)

 まぁ、他の4年生も社交的な方ではないので、

 みんな感じることは一緒だったわけで・・・。

    

        

  

  というわけで、4年生で2次会やりました。

  バイトで来れなかった子の家に行って、

  みんなで飲み会のアウェイ感について話しました。

  「新歓というか、1年生だけでよかったよねぇ」

  ははははは。

     

  で、

  1年生多かったこともあって、

  のんびーり飲んでいたので、飲み直し。

  すると、

  焼酎1升瓶がでてきました~!!

  2次会やるだろうと見込んでいたらしいです。

  最初は5.5、4.6、3.7と水割りの焼酎の割合が増えていき、

  たぶん今までで一番酔いが回った気がするなぁ。

  1人が1杯で梅酒に移り、

  結局4人で瓶半分ちょっと飲みました。

  梅酒も飲んだけど、

  やっぱり焼酎は強いです・・・・・・ね(笑)

        

    

  で、今日起きたら体が痛い。

  飲んだら関節が痛くなったりしません?

  だから、飲みすぎか・・・って思っていたのですが、

  よくよく考えてみると、

  全く違う理由が1つ思い当たりました。

    

     

     

    

     

  マット運動だ!

 そうなんです。

  昨日の夕方、友達とマット運動したんです。

  教員採用試験の実技であるし、

  運動不足だし、体育館でやってみよう!というわけで。

   

 で、前転、後転、開脚前転、開脚後転と、

 次々にコロコロとやってたわけです。

 あと、

 側転が試験にあるけど、やったことないから練習しました。

 側転って自分でできてるかよく分からないですね。

 友達いわく、

 着地以外はできてるらしいです。

   

 で、側転やってたら壁倒立思い出して、

 友達と並んで壁倒立やってました。

 懐かしい・・・。

  

 というわけで、休みつつも 2時間もマット運動したのです。

 なのに、

 あまりにぐいぐい飲んだせいで、

 すっかりその事実を忘れていたわけです。

 そんなわけで、

 首が痛いのでした(>_<)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

初・電車

 まさか、初めて電車に乗りましたってわけじゃないです(笑)

    

あ、GW5月2日~5日まで実家に帰ってきました。

のんびり生活した分、

ちょこちょこと指導を受けてストレスを溜めつつ、

自由の身の一人暮らし生活へと戻ってきました。

まぁ、親のありがたみは理解しているんですが、

まだ実感としては足りないんだと思います。

心配して、私のことを考えてくれてることは理解できるんですが

家に帰ってまで、

だらっと座ってると、

「その姿勢だと、面接の時に困る」とか、

適当に話合わせて会話してると、

「その話し方じゃ伝わらない」だとか。

普段の行動が出る可能性があると思って、

普段からやってるとよいということなんでしょうが、

なかなか素直に受け入れられないわけでして(>_<)

実家でぐらい、

力抜いて生活してもいいじゃないか!と。

筆記できないことにはどうにもならないじゃないか!と。

失敗して分かってもいいじゃないか!と。

論争はしたくないので、

特に反抗するような事は母親には言いませんけど・・・。

     

      

 さてさて、

 初めて終電に乗りました!!今日。(というか、昨日)

 4月末の部活の大会の運営側の打ち上げがあって、

 みなさんの都合により、

 8時から飲み始めたわけです♪

 まぁ、でも余裕だろうと高をくくっていました。

 ところが、よく飲むみなさんで、

 2時間飲み続けて、

 「なんか、水分ばっかりで食べ物がたべたい!」

 ということになり、

 飲み→ラーメンというパターンに。

 完全におじさん化しつつあるけど、

 飲んだ後にラーメンっていいですねぇ。

 毎日やったら太るし、金欠になるだろうけど(^_^;)

 でもでも、

 明日からまた学校あったり、就活あったりというわけで、

 解散して駅で時刻表を見てみる。

 あれっ??

   

   

 電光掲示板が消えてるところが多い。

 えーと、私はどこを行きを見るんだっけ?

   

 あった!!

 2本しか書いてない・・・。

 しかも1本は目的地まで行ってくれない・・・・・・。

     

     

 結果、終電(しかも、特急。)

 たいして遠くもないのに、選択肢がなく特急(T_T)

 がら空きで快適に早く帰れたからよしとします!!

   

      

 そういえば、書き始めるまで忘れてたけど、

 もう1つ初・電車の出来事がありました。

 それは、

 電車の中で本を読む

         

             

            

           

           

           

        

 それは、しょっちゅうです(笑)

 私をよく知る人間なら、分かってそうですが。

 実家に帰る時は必ずです。

 で、

 今回も実家帰りに本を読みながら帰ってきたわけです。

 そして、

 佳境にさしかかり、夢中になって読んでいました。

 ちょっと電車に乗ってること忘れていた瞬間、

          

     

              

             

          

          

          

  ぐっとくる展開に、泣きそうになりました。

 最近涙もろい私draドラですが、

 さすがに人前では卒業式とか別れの時ぐらいしか、

 泣きません、たぶんね。

 一応、感情をコントロールしてるつもりなわけです。

 おじさん化が進む一方、

 おばさん化も進んでいるんですかねぇ。

 ちなみに、

 本はハードボイルドミステリーです。

 先生に女の子が好きなのは珍しいジャンルだと言われたやつです。

償いの椅子 (角川文庫) Book 償いの椅子 (角川文庫)

著者:沢木 冬吾
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  なんでこんなにはまってるんですかね。

 この本は、警察小説とも言えると思います。

 警察、公安を隠れ蓑とした秘密組織、

 そしてそれに立ち向かう人々・・・。

 誰が仲間で、誰が敵なのか・・・。

       

 もう卒論書くことないでしょうが、

 許されるかは別として

 今度書くならテーマは警察小説がいいです!!

    

 現実逃避のGWも終わりです。

 明日から、今年度ボランティア開始です☆

 朝1限~6限、給食・昼休みと丸1日学校にいるんですが、 

 先生の違いとかやり方とか、

 子どもの学年ごとの違いとか、1人1人の違いとか、

 いろいろ見えてくるので今年もやることにしました!

 こんな時間まで起きてて大丈夫か!???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »