« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の記事

2008年6月26日 (木)

壊し屋を名乗る。

 家を出ないといけない30分前から

 思いたってシャワーを浴び始めたdraドラです。

2分ぐらい遅れましたが、なんとか出発しましたよ(^_^;)

        

      

 さて、今日は去年から週1で行ってるボランティアで、

 小学校に行ってきました。

 去年から行っているので、だいぶ慣れているんですが、

 やっぱり小1は簡単には理解できません。

 頭が固い私は、発想力についていけず、相槌に困ります・・・。

 休み時間、雨なので積み木で遊んでいると、

 「これは、助けを呼ぶサインだよ!」

 自分の前に置いた立方体の積み木1つを指差して説明。

 さらに、

 「こっちは、○○ちゃんと○○ちゃんを呼んで遊ぶサイン。」

 もちろん、これも積み木の1つ。

 緊急のサインの横には、日常のサイン。

 そして、なぜその積み木が・・・。    

 子どもの言葉を繰り返して話を続けてみました(笑)  

          

      

 この積み木遊びは、雨の日の画期的な遊びで、

 多くの子どもが走り回ることなく、楽しく遊べます。

 なんて素晴らしい♪ 

       

   

 が、

 1人、どうも友達とうまく接することができない男の子がいて、

 彼は自分で

 「壊し屋○○くん登場!!」 と言います。

 とともに、

 みんなが積み木を積み重ねて作った家やビルを、

 腕を振り回したり、足で蹴ったりして次々と壊していくのです。

 とってもとっても楽しそうに。

   

 少し注意したぐらいでは全く効果なしです。

 なので、時々つかまえて言い聞かせるのですが、

 その時の彼の顔が厳しく言う気をなくさせます。

 だって、

 満面の笑みなんですよ。

 普段、ボーっとしていたり、無表情の時もあるのに、

 どんな時よりも笑顔なんです。

 こっちが笑わされてしまいそうな気分です。

      

   

 今日は担任の先生が出張でいなかったこともあり、

 一段とパワーUPでした。

 自分では積み木で遊んでいるのを見たことがなかったのに、

 「これ、電車。」

 と言って、2個積み木をつなげていたので、

 おっ!!!

 ついに何か作るのかなって思って安心しました。

    

   

 ははは、

 私の考えが甘すぎました。

      

    

    

   

 

   

   

 「壊し電車、登場!!!」

 つまり、

 彼は新たな武器を手に入れた勇者みたいな感じです。

 破壊力が増したのでした。

 ある意味、感心しましたが(笑) 

     

  

 男の子は意外におとなしく、壊されてもまた作りはじめますが、

 女の子はおませさんが何人かいることもあり、

 「こういうことはやったらいけないんだよ!」

 「ダメでしょ!!」

 「友達ができなくなるよ!」

 と1年生ながら、なかなか厳しく注意するんですよ。

 しかも、何人かで囲んだりして。

           

               

 かまってほしいのかと思って、 

 「一緒に遊ぼうか?」と言ってみましたが、

 全く反応なしでした(T_T)

   

   

 でも、毎回積み木を壊して回るところをみると、

 積み木には興味がありそうだし、

 遊びたい感じがするんですけどね。

 彼の本心は、今のところ彼しか知らずです。

    

 こんなこと書いているのですが、

 新たな子どもの面を知っていく感じで、全体的には面白いです(^O^)

 まぁ、担任だったら、きっと大変だと思いますが。

 発想力ってすごいと毎回感心しているdraドラでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

ちょっとしたことたち。

またガソリンの値段があがるらしいですね。

主にボランティアと買い物行く時ぐらいしか車に乗らなくても、

さすがに痛い出費だと感じてきたdraドラです。

180円台に突入する日も近いらしい(>_<)  

     

授業で風車のようなものを作って、

中心の押しピンを押す時に流血騒ぎを起こしたdraドラです。

そして、やけに回らない風車ができました(笑)  

     

部室から出てのんびり歩いていたら、

前を金髪の外人夫婦がベビーカーをひいて歩いていて、

実は若いヤンママ、ヤンパパの日本人じゃないかと、

何回も確認してしまったdraドラです。   

何の用があったんだろう・・・。

      

「ゴッホの絵 黒猫がいた可能性」というネットニュースを、

「ゴッホの絵 黒猫が描いた可能性」と勘違いして、

一人慌てて記事を細かく読んだdraドラです。

猫が絵を描いただけでもニュースなのに、

わざわざゴッホの絵ってことはありえないですよね。

   

大学の学館の2階でピアノ弾く男子は、

かなり上手いのになんで若干投げやりなのか、

ちょっと歯がゆいdraドラです。

ちゃんと弾けば2割増しでカッコイイと思うのに。

  

もう6月ではなく、まだ6月と思うことで、

追いつめられた精神状態から脱しようとしているdraドラです。

リアルな話だ・・・。

    

ボランティア先の小学生に、

結婚相手に既婚の担任の先生を紹介されたdraドラです。

それは、いろいろとマズイでしょ。   

    

   

最近あった、ちょっとしたことたち。

まぁ、たまにはブログのタイトル思い出しとかないとね(^皿^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

実習

 教育実習に母校に2週間行ってきました!!

いろいろありましたよ。

2週間分なので、長いですので好きな部分を読んでいって下さい。   

〈1週目〉

先生方の授業を見せてもらう観察期間。

自分で予定組めたので、空コマは教材研究できてよかったです。

職員室の空いてた机を1つ使わせてもらってたので、

先生方とも空コマに話ができました。

ただ、

先生って声が大きい傾向にありますよね?

それで、職員室での独り言(と思われる)ことを言うんです。

何か相槌をうったり、声をかけたりした方がいいのか、

普通にスルーしていいのか悩みました(笑)

   

それと、高校も隣にあるので、

高校の先生方の授業も見ることができました!!

今になって受けると、

先生の説明の意図がよく分かりました。

いい先生達です。

そして、どの先生もキャラが濃い(^皿^)

  

掃除しながら生徒の話を聞いていたら、

「あの先生はイジリがいがある」とか

「○○ちゃんは絶対にMキャラだ」とか、

その他、過激発言をいろいろしてました(゜_゜)

自分が中学生の時もこんな感じだったかなぁって思いました。

  

 指導教官が5年目の先生で、

うちの学校では一番の若手でした。

私立なので、30年以上勤務という人がゴロゴロなので。

そのせいか、

指導案見せてもほぼ否定されることなく、

附属と比べて拍子抜けという感じでした。

      

 

〈2週目〉

ついに授業スタート。

月~金まで1日1時間。中学なのに、1クラスのみ。

すなわち、全て1回きり。

で、5時間で1単元を全て終わらせるという計画。

小説読む単元で、

いろいろ読み深めたいところがあったので、

常に盛りだくさんな内容になってしまいました(^_^;)

  

1時間目。(月曜)

まずは生徒が交代で読んでいく。

みんな真面目に聞いてて、なかなか順調だったんです。

が、

中学生ってことをすっかり忘れてました。

1週目に先生方の授業見てたというのに・・・。

手をあげるという概念がなかったみたいなんです(>_<)

それなのに、

去年の小学生の名残で全く指名しなかったので、

そりゃあ進まない進まない。

掃除で仲良くなってた子が気をきかせて答えてくれて、

どうにか助かりました。

掃除も生徒と親交深める大事な時間です!!!

     

2時間目。火曜。

昨日の反省を活かして、どんどん指名(笑)

1週目に授業見学しながら、名前覚えたのが役立ちました(^O^)

おかげで、

ほぼ予定通り、時間もぴったりでした。

若干、誘導質問が過ぎたかなと思ったところもありましたが、

だいぶ改善できた授業でした。

  

3時間目。水曜。

やる前から、この時間は危ないと思ってました。

というのも、

スーッと読んだだけでは、あまり変化がない場面で、

でも、読み深めると、

最後の場面に向けての伏線がたくさんあるという・・・。

実際、やってみて難しかった。

先生には、「2時間かけてもいい内容でしたね」

と言われました。

(いや、先生が5時間で終わらせるように言ったから、

 この強行計画なんですよ~!!!)

「授業が止まってもおかしくないのに、

 よく最後までいきましたね。」

という褒め言葉ととっていいのか、微妙なコメント。

   

4時間目。木曜。

ついに最終場面。

これは、最初に教材が決まった時から、

授業のイメージがすぐに作れたました。

今までの場面は5ページ前後だったのに、

最終場面は2ページと少なく、

じっくり読み込むことができました。

時間もちょうどよかったし、

今回の実習で一番納得がいく授業でした♪

先生からも、「今日が研究授業でもよかった」と言われました。

   

5時間目。金曜。

ついに研究授業。ラストクラス。

はっきり言って、これはチャレンジという感じでした。

先生にも

「この時間を研究授業にするんですねぇ。

 私なら、4時間目ですね」と言われました。

最初は、まとめをして感想書く授業も考えたけど、

そんなのは楽しくない!!!と思ってしまいまして・・・・(笑)

手は挙げないけど、

指名すればいろいろ答えてくれるクラスだったこともあり、

こっちから問題提起をして考えさせ、意見交流をしながら、

最後のまとめに持っていく授業にしました。

   

 多くの先生と実習生が見に来て緊張しました。

予想通り、

意見交流なので、こちらの予定通りには話しが進まない。

板書がどんどん変更になっていく。

そして、

意見交流させながらも読み深めさせたいという、

こっちもやりたいことがたくさんあり・・・・

時間がなーーーーーーーーい!!!

最後は、力技でまとめて、どうにか終わらせました(-_-;)

   

うまくいかなかったところも多かったですが、

机間巡視で生徒のノートを見て回ったら、

みんなよく考えて、いいこと書いていて、

それまでの授業の成果が見られて、本当に嬉しかった☆

でも、もっと授業で生かしてあげたかった・・・。

難しさと面白さの両方を感じた授業でした。

     

   

そして、

国語科の先生7人と打ち上げしました。

飲むとやっぱり人って変わるんですね。

まぁ、キャラ濃い面白い人たちだと思ってたけど(笑)

2次会は、

先生行きつけのスナック。

「ママ~、今から行くから」と電話してて、

おいおい大丈夫なのかって思ってましたが、

奥さんとよく訪れているようで問題ないみたいです。

酔っ払った先生のオヤジギャクを笑って流し、

相槌をうちながら、おつまみはしっかり食べ(笑)。

あまりにカラオケ薦められ、

「draドラ君、歌いなさい!」という強制命令により、

渋々一曲。

それで本当に歌が得意じゃないいことが分かってもらえたようで、

あとは先生方が順番に歌いました。

みなさん、うまい。

ある意味、最初でよかったと思いました。

    

   

で、土曜日は必死に実習日誌をかきあげて、

高校の職員室にも行って、先生方への挨拶まわり。

授業もないのに、忙しかった。

最後に、生徒から色紙をもらいました。

さすが、我がホームクラス。

明るく元気な雰囲気が色紙のコメントにも表れ、

感動4割、笑い6割でした。

  

ちょっと騒がしい時もあって、

担任にこっぴどく怒られたりしますが、

本当にいいクラスでした。

     

実習生同士の打ち上げも楽しかった♪

高校の時の思い出話を次々と出てきて、

打ち上げというより、プチ同窓会みたいな感じでした。  

    

   

実習中、朝の挨拶運動で7時20分までに学校に行くために、

毎朝6時起きだったので、

これをきっかけに早起きをしていきたいです。

毎日とはいかなくても(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »